阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

2013年 第2回アルテミスS レース後のコメント

東京11Rのアルテミスステークス(2歳重賞・芝1600m)は、2番人気マーブルカテドラル(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2。半馬身差の2着に6番人気パシフィックギャルが、半馬身差の3着に5番人気ニシノミチシルベがそれぞれ入線。

マーブルカテドラルは美浦・上原博之厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ヘルスウォール(母の父エリシオ)。通算成績は4戦3勝となった。

【2013年 アルテミスステークス レース後のコメント】
1着 マーブルカテドラル 田辺裕信騎手
「先に行かせると終い甘くなるところがあるので、直線まで追い出しを我慢して、最後はよく伸びてくれました。鞍がズレてしまって追いづらいところがあったんですが、よく我慢してくれました。初戦でいいものを持っているのがわかって、あとは気持ちだと思っていましたが、ここに来て実になってきた感じです。これからまた相手は強くなりますが、期待している馬ですからがんばって欲しいと思います」

2着 パシフィックギャル I.メンディザバル騎手
「まだまだ馬が子どもで、真剣に走っていません。それでも追い出したらビュッと反応してくれて、レースから戻ってきても疲れた様子はありませんでした。まだまだ成長すると思うので、これから楽しみです」

3着 ニシノミチシルベ 松岡正海騎手
「どうしても体が減ってしまいますね。体が減らないぐらいの体力があれば、もっと脚を使えるのですが……。踏ん張りきれない分、モタモタしてしまいます。しかし、新馬戦のときから比べると、馬は断然いいです。使いつつよくなっていますし、休ませて幅が出ればと思います」

4着 サクラパリュール 戸崎圭太騎手
「ゲートの中でソワソワして、スタートは遅れ気味になりました。道中は中団の後ろでの追走となり、それが痛かったです。それでも終いはしっかりしていましたし、2戦目で揉まれていい経験になったと思います」

6着 マイネグレヴィル 柴田大知騎手
「うまくいったと思いましたが、ビュッという脚がなく、ジリジリという感じになってしまいました」

7着 クリスマス 武豊騎手
「止まりましたね。力んで走っていましたし、スピードがありすぎるようです。距離は大丈夫ですが、走り方ひとつだと思います。ゆったり走れば、また変わってくるでしょう。函館の1200mと東京の1600mでは違いますからね。いい馬ですよ」

11着 ヤマニンアリエッタ 高倉稜騎手
「返し馬のときから走りづらそうだったのですが、スタートで脚をとられて、道中はそれを支えながら馬のリズムを整えようとしていました。直線ではジリジリという脚で、最後も不利がありました。うまくいけば5着はあったと思いますが、不完全燃焼でした。しかし、夏に乗ったときと比べて馬は成長しています。体も大きいので、さらに成長すればそこそこやれるのではないでしょうか」

オススメ記事

Return Top