阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

2012年 第32回 新潟2歳ステークス レース後のコメント

新潟11Rの第32回新潟2歳ステークス(GIII、2歳、芝1600m)は3番人気ザラストロ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒5(良)のレコード。アタマ差2着に10番人気ノウレッジ、さらに1/2馬身差で3着に9番人気サウンドリアーナが入った。

ザラストロは美浦・武藤善則厩舎の2歳牡馬で、父ホワイトマズル、母セクシーココナッツ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は3戦2勝となった。

【2012年 新潟2歳ステークス レース後のコメント】

1着 ザラストロ(松岡騎手)
「先に行くと引っ掛かるので控えて行きました。直線を向いての手応え良く、これは行けると思いました。新馬を使う前に一度乗せてもらいましたが、いい馬だ と思っていました。広いコースは合いますし、距離が延びても折り合いさえつけば大丈夫だと思います。まだ不器用なところや口向きの悪いところがあります が、そのあたりが解消してくればもっと良くなると思います」

2着 ノウレッジ(蛯名騎手)
「調教の時には掛かりそうな雰囲気があったのですが、実戦での折り合いは大丈夫でした。後は芝の適性があればと思っていましたが、今日の結果は嬉しい誤算ですね。馬が絞れて動ける態勢になっていましたし、うまく息を入れて走れました」

3着 サウンドリアーナ(和田騎手)
「道中少し引っ掛かりました。ただ、コーナーに入るまでに落ち着いてリズムを作れましたし、どこまで弾けるかと思いましたが…。前の2頭に追いついたとこ ろで止まってしまいました。最初に掛かった分の影響でしょうか。折り合いがついてタメることが出来ればもっと切れたと思います」

4着 メイショウオオゼキ(木幡騎手)
「今日は新馬の時と違って馬にスイッチが入ったような感じで、気持ちが入っていました。ただ、レースでは折り合いがついていました。内容としては良かったと思います。時計も詰めていますし、まだまだこれからです」

6着 シゲルイルカザ(国分優騎手)
「時計が速くなりすぎました。この馬なりに走ってくれているのですが…」

9着 トーセンレディ(北村宏騎手)
「出遅れたことに尽きます。頭を下げているところで、一番悪いタイミングでゲートが開いてしまいました。追い込んで来ているだけに残念です」

10着 モーニングコール(石橋脩騎手)
「抑えて行きたかったのですが、出たら行ってしまいました。外枠で前に壁を作ることも出来ませんでしたからね。スピードはあるので、うまくコントロール出来るようになればいいですね」

オススメ記事

Return Top